卵子もトシをとる?

  • 2015.05.27 Wednesday
  • 16:46

女性はおかあさんのお腹の中にいるときから、
将来卵子となる細胞を持っています。
オトナになると、ほぼ毎月ひとつずつの卵子が
成熟して排卵されるしくみです。
男性の精子は、ほぼ毎日新しく作られていますが
女性の卵子のもとは、生まれる前からあるのです。
「卵子の老化」が近年、話題にのぼることが多くなりました。

女性の社会進出とともに、結婚する年齢があがり
妊娠・出産する年齢も当然あがっています。
まだ結婚の予定はないけれど、将来子供が欲しくなったときのためにと
自分の卵子を凍結保存する方達もいます。
漢方薬のアンチエイジング効果を聞いて
将来のためにと来店される独身の方も増えています。

東洋医学で大昔からいわれている体のサイクルは、
女性は7の倍数、男性は8の倍数で体が変化していくとされていて
これだけ社会情勢が変わった現在でも、
そのサイクルには変動がありません。

日本の不妊治療は、かなりレベルが高いですし、
技術は日々進歩していますから、今はまだできない治療法も
明日、来週、来月、来年にはできるようになるでしょう。
ですが、安全性の検証も必要不可欠なことです。

規則正しい生活を心がける、体が冷えないように気をつける、
よくかんでゆっくり食事をする、生理痛や生理不順の治療をする、
などなど、できることから、始めてみてはいかがでしょう。


オカゼリタグあすなろタグ
茂木タグ妊活アイコン
コメント
コメントする